top of page
  • jam-sb

賃上げと心理的安全性

来年度の新規採用がスタートしています。春闘真っただ中、一部の大手企業では大幅なベースアップの声が聞こえてきます。ひとつには、人材確保のためです。中小の企業では価格転嫁もままならず、今後厳しい状況も予想されます。賃金も重要ですが、心理的安全性の確保された働きやすい職場づくりも必要ではないでしょうか。

最新記事

すべて表示

人生100年時代に思う

昨今、行政及び保険業界中心に“人生100年時代”という言葉を耳にする機会が増えた。サラリーマンは定年60歳が一般的だったが、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」が施行されて65歳まで働けと言われる時代となった。65歳でリタイヤすると100歳まで35年、平均寿命で見れば18年から23年をどのように生きるかということになる。 一方で健康寿命という言葉があるが、いずれにしても健康で人生を全うすること

自転車のヘルメット着用について

改正道路交通法の施行により、令和5年4月1日から、すべての自転車利用者に対して、乗車用ヘルメットの着用が努力義務となりました。ヘルメットは、転倒した時に頭部への衝撃を軽減する大きな効果があります。自転車乗車中に事故に遭ったとき、ヘルメットを着用しない場合は、着用した場合と比べて致死率が約3倍高くなります。会社への通退勤に自転車を利用する方も多いと思います。会社との間でヘルメット着用を義務化したルー

Comments


bottom of page